Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドキュメント管理のDocuSign、日本法人を設立

DocuSignは、日本法人であるドキュサイン・ジャパンを設立し日本市場へ本格的なサービス展開を開始する。

20151104_ds_001.jpg
小枝氏

同社は、ドキュメントのトランザクション管理サービスを展開。従来「紙」や「印鑑」を用いて承認や契約などを行っていたフローを、データや電子署名などで代替し、署名、送付、管理などが可能なプラットフォームを提供している。

日本法人の代表取締役社長には、A10ネットワークスで代表取締役社長兼CEOを務めた小枝逸人氏が就任。同氏は米国本社でも副社長を務める。

また国内展開のスタートにあわせ、電子印鑑を展開するシヤチハタと戦略的パートナーシップを締結。今後両社は、日本をはじめ、捺印文化の根強いアジア地域に向け、共同でビジネス開発に取り組む。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府