Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON 2015が始動、予選は8月から - 新競技「CSIRT演習」も

セキュリティ技術を争う競技会「SECCON 2015」の事業開始式が都内で開催された。学生向けの大会や、社会人を対象とする新競技など、前回とは違ったあたらしいアイデアが盛り込まれている。

20150609_sc_001.jpg
大会概要を説明した竹迫氏

同イベントは、情報システムに関連するセキュリティ技術や知識などを競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技大会。2012年より開催しており今回で4回目を迎えた。

前回の「SECCON 2014」は、海外CTFイベントとの連携や国内外から広く参加できるオンライン予選などを実施。優勝チームにはDEF CON Finalの参加権が与えられる特典も用意され、58カ国からのべ4093人が参加した。

2015年は、優勝者に与えられる特典など、現時点ではベールに包まれているが、海外CTF大会との連携、オンライン予選の実施などが予定されており、前回に引き続き大きな大会となることが予想される。

(Security NEXT - 2015/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
「KOSENセキュリティ・コンテスト2016」が開催 - テーマは「IoT」
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校