Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催

東京大学の公認サークルである東京大学理論科学グループ(TSG)とFlattは、セキュリティの知識を競うコンテスト「TSG CTF」を5月に開催する。

同サークルは、設立より60年を迎えた東京大学のコンピュータ系サークル。国内最大のセキュリティ競技会である「SECCON CTF 2018」の優勝チームメンバーも所属している。

今回オンラインによるクイズ形式のCTFを開催するもので、TSGが問題の作成、運営を行い、Flattが賞金やサイトを提供する。

競技日時は、日本時間5月4日16時から翌5日16時までで、近く登録募集がスタートする予定。詳細は同イベントのページから。

同グループでは、いわゆる刑法の「ウイルス罪」の容疑で摘発される事件が相次いでいることから、CTFの開催についても議論があったと説明。いずれの摘発も「情報セキュリティに対する理解の欠如が根本原因」と結論付け、セキュリティの啓蒙活動の一環として今回の開催を決定したとしている。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化