Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出

総務省は、2024年度の「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の受賞者を発表した。2024年は個人2名と2団体が選出されている。

20240408_so_001.jpg
受賞した大阪大学教授の猪俣氏

同賞は、サイバーセキュリティ分野においてすぐれた功績を挙げ、今後も活躍が期待される個人や団体を表彰する取り組み。2017年度より実施している。自他薦により募集し、実績を踏まえて選考委員が決定した。

個人では、大阪大学教授の猪俣敦夫氏が受賞。情報通信研究機構(NICT)が行う「CYDER」「SecHack365」など人材育成事業の実行委員を務めるなどセキュリティ人材育成に取り組んだ。さらにセキュリティに関する啓発活動に尽力するなど、多方面にわたる活躍が評価された。

また日本シーサート協議会で地区活動タスクフォースを開始したディー・エヌ・エーの渡辺文恵氏が選出された。

セキュリティ関連企業が少ない地方でワークショップを開催するなど、企業間の結節点となる場を提供するなど、セキュリティ向上に貢献している。

(Security NEXT - 2024/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に