Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を

10月1日より栃木県で開催されている第77回国民体育大会に便乗した詐欺行為が確認されている。動画サイト「YouTube」より誘導しようとしていた。

20221006_ap_001.jpg
YouTube上に公開されていた誘導動画。ロゴやキャラクターを無断で使用し、あたかもライブ配信が行われているようなサムネイルやタイトルを設定していた

今回確認されたケースでは、同イベントのライブ配信を外部サイトで視聴できるなどとする動画を「YouTube」に投稿。無関係のサイトにアクセスするよう促していた。

誘導先では、会員登録と称してメールアドレスやクレジットカードをはじめとする個人情報を入力するよう求める。

日本スポーツ協会は、同協会が運営する公式映像サイト「国体チャンネル」でのみ同競技会のライブ映像を配信しており、YouTube上では配信していないと説明。誘導先については、「個人情報をだまし取るフィッシングであることを確認している」として注意を喚起した。

本誌がYouTubeを確認したところ、10月4日、5日に複数のアカウントよりライブ配信を装う動画が投稿されているのを発見。いずれもアカウント名を「第77回国民体育大会」としており、タイトルやサムネイル画像には「LIVE」「ライブ配信」などと記載して、ライブ中継であるかのように見せかけていた。

(Security NEXT - 2022/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市