Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始

ラックは、ITエンジニアを目指す若年層を支援するサポートプログラム「すごうで2020」の支援対象者を11月1日より募集開始する。

同プログラムは、若手IT人材の育成を目的として、突出するアイデアや技術力を持つ若者を支援する試み。

最優秀者には上限100万円の活動費用を提供。ハードウェアやソフトウェア、書籍などの購入に利用したり、勉強会や競技会参加費用として利用できる。

また資金以外でも、セキュリティ面からの試作ソフトウェアに対する検証やプログラミングのアドバイスなど、技術的な助言を提供。協力できる人物や企業、団体の紹介などサポートする。

対象者は20歳未満の個人、または20歳未満が過半数を占めるグループ。実現したい目標は、ITに関するものであればテーマや分野は問わない。締め切りは2020年1月10日。応募要項など詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2019/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院
新型コロナ陽性者に別人の支援システムIDを送信 - 大阪府
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会