Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始

ラックは、ITエンジニアを目指す若年層を支援するサポートプログラム「すごうで2020」の支援対象者を11月1日より募集開始する。

同プログラムは、若手IT人材の育成を目的として、突出するアイデアや技術力を持つ若者を支援する試み。

最優秀者には上限100万円の活動費用を提供。ハードウェアやソフトウェア、書籍などの購入に利用したり、勉強会や競技会参加費用として利用できる。

また資金以外でも、セキュリティ面からの試作ソフトウェアに対する検証やプログラミングのアドバイスなど、技術的な助言を提供。協力できる人物や企業、団体の紹介などサポートする。

対象者は20歳未満の個人、または20歳未満が過半数を占めるグループ。実現したい目標は、ITに関するものであればテーマや分野は問わない。締め切りは2020年1月10日。応募要項など詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2019/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
2021年度春期の登録セキスペ試験、2306人が合格 - 合格率21.2%
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア