Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞

Hardening Projectが主催する「ハードニング競技会」が2022年度の「グッドデザイン賞」を受賞した。

「ハードニング競技会」は、サイバー攻撃に対する防御力を競うセキュリティコンテスト。セキュリティ研究者や実務者によってボランティアで運営されており、2012年4月より開催されている。

競技には技術者だけでなく非技術者も参加し、協力しながら経営判断なども踏まえてインシデント対応を行い、得点を競う。また競技日とは別日に参加者で振り返りを行うことも特徴となっており、競技を通じて得た経験などを共有し、参加者の技術向上につなげている。

今回、日本デザイン振興会が展開する「グッドデザイン賞」に応募し、審査を経て受賞が決まった。Hardening Project実行委員が受賞デザイナとなる。技術とビジネスの両側面からセキュリティ対策を行うことや、作業の振り返りによる情報共有の充実などを評価したとしており、10年間に20回を開催し、サイロ化された業務環境に一石を投じたことなども受賞理由とされている。

同賞は、国が1957年に創設したグッドデザイン商品選定制度を前進とし、同振興会が継承して運営。製品、ソフトウェア、システム、サービスなど幅広い分野を対象とし、応募に対してデザインの観点から評価、表彰を行っている。2022年度は、5715件の審査を実施しており、1099社1560件が受賞した。

(Security NEXT - 2022/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開