Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9.10.0」に深刻な脆弱性 - 外部攻撃で停止のおそれ

「BIND 9.10.0」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関が注意を呼びかけている。

JPRSによれば、同ソフトのプリフェッチ機能にリモートより攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2014-3214」が含まれていることが判明したもの。兼用を含めキャッシュDNSサーバとして利用している場合に影響を受けるという。

同脆弱性はネットワーク経由の攻撃が可能で、悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがあり、すでに同脆弱性が原因と見られる障害事例が複数報告されているという。

BINDを提供するISCでは、脆弱性の深刻度を「高」にレーティング。脆弱性を解消した「BIND 9.10.0-P1」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース