Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マイクロソフト、国内でIEの自動アップグレードを開始

日本マイクロソフトは、「Internet Explorer」の自動アップグレードを国内で開始した。

120328ms_01.jpg
IEの強化ポイント(図:日本マイクロソフト)

同社は、3月6日にアップデートの実施予定をアナウンスしていたが、3月27日より正式に開始したもの。一斉アップデートではなく、順次展開していく予定で、「Windows XP」は「IE 8」へ、「Windows Vista」以降は「IE 9」へ自動的にアップグレードされる。

旧バージョンと比較し、最新版ではフィッシング対策やマルウェア対策などが強化されている。またパフォーマンスの向上もメリットのひとつとして同社はアピールしている。

なお、同社が配布する無効化ツールキットを利用している場合や、「Microsoft Windows Server Update Services(WSUS)」「System Center Configuration Manager(SCCM)」「Windows Intune」など管理コンソールによって一元管理している場合、「IE 8」や「同9」の自動更新にあたり、インストールを拒否している場合は、自動アップグレードの対象とはならないため、注意が必要。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
「個人情報の再確認を」とだます「アフラック」を装ったフィッシング攻撃
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「Cisco Policy Suite」に「root権限」でログインされる脆弱性
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認