Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、標的型攻撃対策サービス「WildFire」を提供

日立ソリューションズは、パロアルトネットワークスの標的型攻撃対策サービス「WildFire」を、2012年1月20日より提供開始する。

「パロアルトPAシリーズ」の最新モデルである「PA-200」の取り扱いを開始するとともに、クラウド型セキュリティサービスの提供を開始するもの。

「WildFire」では、ネットワークへ送信されたファイルをクラウド上の仮想環境で実行し、マルウェアと判断した場合は自動的に定義ファイルを生成し、同製品のファイアウォールなどへ反映させる。

また社内PCが感染した場合には、ボットネット検知機能で感染端末を発見するほか、情報流出の原因となり得るアプリケーションや特定の国との通信を遮断することで、被害の拡大を防ぐことができる。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト