Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール製品向けに最新OSとなる「PAN-OS 11.0 Nova」をリリースした。

同ソフトウェアは、同社ファイアウォール製品が実装している「PAN-OS」の最新版で、11月より提供を開始した。昨今の脅威事情を踏まえ、機能の改善や新機能の追加など、50以上の改善を行ったという。

同OSでは、従来よりクラウドベースのサンドボックス機能「WildFire」を提供してきたが、サンドボックスを回避するマルウェアへの対策として、ランタイムメモリ分析などを組み合わせ検知機能の強化を図った「Advanced WildFire」をあらたに提供する。

さらに「Advanced Threat Prevention(ATP)」では、「IPS」を再設計して脆弱性を狙ったインジェクション攻撃の対策機能を搭載。従来のソリューションでは見逃されるおそれがあったインジェクション攻撃の60%以上を検出できるとしている。

またファイアウォールにおける設定ミスや非効率な設定を通知する「Palo Alto Networks AIOps」のほか、「SaaS」における設定ミスを検知する「SaaS Security Posture Management(SSPM)」を用意。「ウェブプロクシ」をサポートしている。

(Security NEXT - 2022/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を