Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSへのフィッシング攻撃が増加、マイケルジャクソン便乗スパムも - Kasperskyレポート

Kaspersky Labは、6月のスパムメールやフィッシング、ウイルスメールに関する状況を取りまとめた。

レポートによれば、全メールにおける6月のスパム割合は83.3%で、前月から0.4ポイント増加した。スパム送信国ランキングでは、16.6%を占めたインドが引き続きトップ。ブラジル(11.2%)、インドネシア(6.3%)と続いた。

6月に最も多かったスパムは、故マイケルジャクソンさんの命日に便乗したもので、楽曲のコレクションを宣伝するものや、生存を主張してファンの関心を引こうとするものなどが確認されている。

一方フィッシングメールの割合は、5月と変わらず全メールの0.02%。攻撃対象となった企業のトップは「PayPal(44.7%)」で、2位の「eBay(9.5%)」から大きな差を付けた。

6月はオンラインゲームに対するフィッシング攻撃が減少する一方、SNSを標的とした攻撃の増加が目立ち、「Habbo」が6.3ポイント増となる8.5%で3位、「Facebook」が4.1ポイント増となる6.7%で4位となった。

(Security NEXT - 2011/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク