Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年W杯の話題を悪用するスパムメール - メッセージラボが確認

2022年にカタールで開催が予定されている「FIFAワールドカップ」の話題を利用した詐欺メールが、早くも流通している。

メールを観測したメッセージラボジャパンによれば、問題のスパムメールは、添付ファイルを開くように促すシンプルなものだったという。

ファイル内にはメール受信者が賞金を獲得したと伝え、メールの返信や電話で返事するよう求める詐欺的な内容。PDFは、オープンソースのオフィススイートにより作成されたもので、ロゴやFIFA会長など関係者の写真が無断で利用されていた。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 西日本工業大
米当局、「Barracuda ESG」へのゼロデイ攻撃で追加IoC情報を公開
「Barracuda ESG」へのゼロデイ攻撃 - フォレンジック調査に対抗、活動を隠蔽
第三者がニュースレター購読者宛にスパム送信 - 平和政策研究所
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽
「Barracuda ESG」への攻撃で利用されたマルウェアの分析レポート - 米当局
初期パスワードのメルアカ2件がスパム踏み台に - 新潟大
Google、長期間放置アカウントを削除へ - 悪用防止対策で