Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月のフィッシング、前月の1万3000件台から反転し再び16000件台へ

RSAセキュリティは、7月に国内外で観測されたフィッシング攻撃の状況について取りまとめた。

フィッシング攻撃は、2010年1月の1万8820件をピークに、以降は若干の上下があるもののゆるやかな下降傾向が続き、6月には1万3855件と約1年ぶりの低水準を記録したが、7月は反転して再び1万6756件へと上昇した。

犯罪集団である「Rock Phish」による「fast-flux型攻撃」は、7月に入ってほぼ沈静化したものの、米英の金融機関を狙った攻撃の増加が原因で攻撃件数が急増。しかしながら攻撃対象となっているブランドは集中しており、前月の216件から217件とほぼ横ばいだった。

攻撃を受けた国は、米国が47%で突出しており、イギリスが29%、南アフリカが9%で続いている。攻撃を受けたブランドについても米国が47.5%で最多。ついでイギリスが16.5%だった。3位はインド(7%)で、毎回上位だったイタリアが3ポイント低下して3.5%まで減少している。

(Security NEXT - 2010/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向