Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層「個人情報が保護されている」4% - 一方で「対策は人任せ」の一面も

第三者によるなりすましについても、EUが74%と4人に3人が心配しているが、国内では47%と半数弱にとどまっている。個人情報から人間像が勝手に形成されたり、評判が悪くなることへの不安も、EUより約3割ほど低い結果だった。

インターネットにおける個人情報保護について、EUでは責任の主体が自分自身とする回答が32%、情報処理を行う事業者であるとの回答が27%であるのに対し、国内ではそれぞれ40%、38%と傾向が逆転。また政府や司法など自分以外の第三者に責任があるとの回答がいずれも13%から14%で、EUと比較して約1.5倍多かった。

「eID」の利用推進対策としては法律などによる保証や、個人情報やプライバシーが技術的に守られていることを保障する「ロゴ」や「ラベル」の表示などを求める声が他項目にくらべて高い。

しかし、「プライバシを確保するためにブラウザーのセキュリティ設定を変える」項目では、EUでは64%が対策を実施しているものの、日本では24%にとどまったほか、「Cookieの消去」など自己の情報コントロールについては意識が低く、同レポートでは、個人情報の保護に関して、EUより自己防衛の意識が低く、個人情報保護を人任せにする傾向があると分析している。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
約7割、緊急時のテレワークに賛成 - 環境用意できないとの声も
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視