Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトでの個人情報提供、4分の3がセキュリティを意識

約4人のうち3人は、普段より個人情報の取り扱いを気にしており、サイトで提供する際も意識していることがわかった。

CARTA HOLDINGSのグループ会社であるDIGITALIOが、4月にオンラインによるアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。10代以上の男女500人が回答した。

個人情報の取り扱いについて、普段どの程度気にしているか聞いたところ、「かなり気にしている」が26.0%、「やや気にしている」が51.4%となり、あわせると77.4%と8割近くにのぼった。

20240627_di_001.jpg
個人情報を提供することに抵抗がある場面(グラフ:DIGITALIO)

個人情報を提供する際に、サイトのセキュリティについてどの程度気にしているかについては、「かなり気にしている」が22.0%、「やや気にしている」が53.2%。若年層ほど「気にしていない」とする割合は高まるものの、それでも約6割は「気にしている」と回答している。

個人情報を提供することに抵抗がある場面について尋ねたところ、「会員登録」が51.8%で最多。「キャンペーン、懸賞の応募」が40.6%、「署名」が39.0%、「オンラインショッピング」が28.2%だった。

提供にあたり抵抗を感じる個人情報の項目については、「クレジットカード情報」が69.4%となり、「住所」が68.2%、「電話番号」が66.8%、「氏名」が48.8%と続いている。

(Security NEXT - 2024/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市