Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」関連の感染報告は減少傾向に - マカフィーレポート

マカフィーは、2月に観測したウイルスや不正プログラムの状況を取りまとめた。「Gumblar」関連の感染報告は収束傾向にあるが、今後ウェブ経由の攻撃はより巧妙化して継続されるとの見通しを示している。

同社がまとめたウイルスの感染報告ランキングを見ると、上位に大きな変動はなかった。検知企業数およびマシン数のトップは「Generic!atr」で、検知数は前月より減少している。また、同ウイルスと同様にオートラン機能を悪用して感染し、オンラインゲームのパスワードを盗む「Generic PWS.ak」や「PWS-Gamania」もトップ10上位に入った。

「Conficker」ワームの亜種も検知データ数とマシン数の上位にランクインしており、検知数も1月より増加傾向。企業数のランキングには入っていないことから、対策の遅れた一部の企業や団体の内部で感染が広がっている可能性がある。

一方、「Gumblar」に代表されるウェブ経由の攻撃は、2009年末の大流行から収束に向かっているという。しかし、改ざんされたウェブページに埋め込まれ、不正サイトへ誘導するスクリプトとして検知された「Exploit-ObscuredHtml」や、一連の攻撃で最終的に感染する「Bredolab.gen」はトップ10内に入っている。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件