Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年は不正サイトが7.6ポイント増、1日あたり2465件を検知 - 悪質ドメインの8割は改ざんサイト

メッセージラボジャパンは、2009年に検知したウイルスおよびスパムの状況についてレポートを取りまとめた。大規模ボットネットによる攻撃の巧妙化や、金融危機や新型インフルエンザの流行といった世界的なニュースに便乗した攻撃などが目立った1年だったという。

年次レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは、1日あたり2465件をあらたに検知しており、2008年の2290件から7.6ポイントの増加となった。また検知した異なる3万件のドメインのうち、80%は改ざんされた正規サイトで、残り20%が新規ドメインだった。

ウイルス感染メールの割合は0.35%で、2008年の0.70%から0.35ポイントの減少。ウイルス1種につき流通したメールの数は約5827通で、昨年の1万436通から大きく後退した。一方、亜種の数は昨年比23ポイント増となった。

スパムメールの割合は87.7%で、2008年の81.2%から6.5ポイントの上昇。月別に見ると、もっとも高かったのが5月の90.4%、低かったのが2月の73.3%だった。

世界で1日あたり平均1070億通のスパムが流通している計算で、そのうちの83.4%がウイルスに感染したコンピュータから配信されている。また、画像スパムの割合は28.2%だった。フィッシングメールの割合は0.31%で、2008年の0.41%から減少している。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン