Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意

新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗し、助成金や検査などを口実に個人情報をだまし取る行為が確認されている。

国民生活センターによれば、新型コロナウイルス症に関連し、個人情報などが尋ねられたとする相談が全国の消費生活センターへ寄せられている。

ある事例では、公的機関の新型コロナウイルス対策室や携帯電話会社を名乗り、助成金の名目で銀行口座番号を聞き出そうとしていた。

一方、信用金庫の職員を名乗ったケースでは、新型コロナウイルスの関係で確認が必要などとだまし、電話で口座番号と暗証番号を教えるよう求めたという。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査