Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に

米政府は、ロシア政府が関与するサイバー攻撃グループ「APT29」が、クラウド環境を標的に攻撃を展開しているとし、手法や対策などを取りまとめ注意を呼びかけた。「初期アクセス」の獲得を阻止することが「最初の防衛線」になると対策の重要性を訴えている。

「APT29」は、別名「Cozy Bear」「Dukes」「Midnight Blizzard」としても追跡されているロシアの攻撃者グループ。過去に「SolarWinds」のサプライチェーン攻撃や、新型コロナウイルスワクチンの開発情報を狙った攻撃などに関与したと見られている。

米国家安全保障局(NSA)、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、米連邦捜査局(FBI)をはじめとする米当局では、同グループがロシア対外情報庁(SVR)の一部である可能性が高いと分析しており、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージランドなどのセキュリティ機関も同調している。

セキュリティアドバイザリでは、攻撃対象となる組織のインフラがクラウドへ移行しつつあることから攻撃グループの攻撃手法にも変化が見られると説明。クラウド環境において攻撃グループが侵害の足がかりとなる「初期アクセス」を獲得するため、過去1年間に用いた手法や対策などを取りまとめた。

クラウド環境を利用する組織において、ひと度「初期アクセス」を取得されると非常に洗練された侵害活動が展開されるおそれがあると危険性を指摘。「初期アクセス」を獲得されないように対策を講じることが特に重要であると警告を発している。

(Security NEXT - 2024/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場