Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意

東京弁護士会は、同弁護士会の会員など実在する法律事務所や弁護士を装った「なりすましメール」が出回っているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、同弁護士会や事務局の職員、会員などを偽装。「請求書の件です」「請求書送付のお願い」「予定表共有のお知らせ」「テキスト形式でのメール利用のお知らせ」など業務に関連ある件名が確認されている。

これらのメールは、ドメイン名が同弁護士会のドメインである「toben.or.jp」以外の不正なドメインから送られていた。

同弁護士会では、マルウェアへ感染するおそれがあるとして、なりすましメールを受信した場合はメール本文内のURLや添付ファイルを開封せず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
「すかいらーく」のなりすまし - 宅配の注文準備中と焦らせる手口
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も