Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意

東京弁護士会は、同弁護士会の会員など実在する法律事務所や弁護士を装った「なりすましメール」が出回っているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、同弁護士会や事務局の職員、会員などを偽装。「請求書の件です」「請求書送付のお願い」「予定表共有のお知らせ」「テキスト形式でのメール利用のお知らせ」など業務に関連ある件名が確認されている。

これらのメールは、ドメイン名が同弁護士会のドメインである「toben.or.jp」以外の不正なドメインから送られていた。

同弁護士会では、マルウェアへ感染するおそれがあるとして、なりすましメールを受信した場合はメール本文内のURLや添付ファイルを開封せず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール
Emotet感染、なりすましメールが送信 - 軽金属製品協会
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
マルウェア感染でなりすましメール送信 - パッケージメーカー
グループ会社で「Emotet」感染、なりすましメールが送信 - シナネン
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
「Emotet」に感染、なりすましメールに注意喚起 - 加藤製作所