Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向

総務省は、高校生のインターネットリテラシーに関する実態調査を実施し、結果を取りまとめた。セキュリティリスクやプライバシーリスクに対する対処能力が2年連続で上昇している。

同省では、青少年のインターネット上のリスクに対処する能力を測るため、2012年度より高校1年生を対象に、インターネットリテラシーを測定するテストを実施しており、2018年度は78校、1万2626人が回答した。

プライバシー保護やセキュリティ対策の能力を測るテストのほか、インターネット上の違法や有害なコンテンツへの対処能力、インターネット上で適切にコミュニケーションができる能力などを測定している。

セキュリティリスクの対処能力を測るテストの正答率は67.4%。前年度の65.6%より1.8ポイント増加した。

プライバシーリスクへの対処能力も、正答率は63.9%で前年度の62.3%を上回った。いずれも2年連続で上昇している。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート