Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害

懸念するセキュリティ脅威は「未知のマルウェアやゼロデイ攻撃」が59.4%、「部内者の人的ミスによるインシデント」が54.6%で目立った。セキュリティ導入時の課題としては、「予算の確保」「導入効果の測定が困難」を挙げる企業が多かった。

セキュリティ対策の導入状況を見ると、クラウドアプリケーション対策は23.5%、仮想OSのセキュリティ対策は23.4%。EDRやMDRサービスの利用は23.4%だった。統合管理を行うオーケストレーション製品やサービスは13.3%、AIや機械学習による自動化は10.3%となっている。

2019年度の情報セキュリティ投資額について、約6割の企業が「前年度と変わらない」と回答。東京オリンピック、パラリンピックに向けたセキュリティ対策については、「実施した」が8.9%で「これから実施する計画がある」が18.1%だった。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
1月のDDoS攻撃、前月比4割増 - 最大規模は2.2Gbps
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加