Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2018年に発生した個人情報漏洩事故について調査を実施し、速報値を取りまとめた。インシデントは443件で、漏洩した個人情報は561万3797件だった。

2018年にメディアが報道したり、組織が発表した個人情報関連のインシデントを集計。速報値として取りまとめたもの。

2018年に発生したインシデントの件数は443件で、前年の386件を上回った。あわせて561万3797件の個人情報が漏洩し、インシデント1件あたりの漏洩件数は1万3334件。

20190611_jn_002.jpg
個人情報漏洩インシデントの概要(表:JNSA)

(Security NEXT - 2019/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる