Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か

東南アジアを中心に活動し、ベトナム政府の関与が疑われる攻撃グループ「OceanLotus」が、日本の自動車産業を標的に攻撃を展開していることがわかった。

「OceanLotus」は、ベトナム周辺国や、製造業をはじめ、同国でビジネスを展開する企業や組織などを標的に活動を展開することで知られるAPTグループ。ベトナム政府の関与なども疑われている。

同グループは少なくとも2014年ごろより活動していると見られ、「APT32」「APT-C-00」「SeaLotus」「Cobalt Kitty」といった別名でも知られる。

今回、攻撃に関連する情報を公開したマクニカネットワークスによると、2018年秋ごろから複数の自動車関連企業の東南アジア拠点で同グループが関与したと見られる攻撃が観測されているという。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
日本も狙う「APT10」にあらたな動き - 一見問題ない実行ファイルから攻撃展開
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用