Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」

いわゆる「セキュリティ人材」の不足が叫ばれる昨今、「人材育成」の話題が注目されることも多い。

学術研究機関をはじめ、座学を中心とする資格制度、サイバーレンジを用いた演習、インシデントを模した訓練のほか、セキュリティ技術を競うコンテストなど、その裾野も広がりを見せている。

若手育成では、25歳以下の若年層を対象に情報通信研究機構(NICT)が展開する「SecHack365」もそのひとつだ。

「ハッカソン」をベースとした取り組みで、2017年度にスタート。セキュリティ専門家がトレーナーとなり、参加者はトレーニーとして1年間にわたりセキュリティ技術の開発を目指す。

ハッカソンでは、数時間から数日程度のイベントが多いが、1年間にもわたるプログラムで、まさにハッキングの「マラソン」とも言える取り組みだ。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート