Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」

いわゆる「セキュリティ人材」の不足が叫ばれる昨今、「人材育成」の話題が注目されることも多い。

学術研究機関をはじめ、座学を中心とする資格制度、サイバーレンジを用いた演習、インシデントを模した訓練のほか、セキュリティ技術を競うコンテストなど、その裾野も広がりを見せている。

若手育成では、25歳以下の若年層を対象に情報通信研究機構(NICT)が展開する「SecHack365」もそのひとつだ。

「ハッカソン」をベースとした取り組みで、2017年度にスタート。セキュリティ専門家がトレーナーとなり、参加者はトレーニーとして1年間にわたりセキュリティ技術の開発を目指す。

ハッカソンでは、数時間から数日程度のイベントが多いが、1年間にもわたるプログラムで、まさにハッキングの「マラソン」とも言える取り組みだ。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
東大、「情報セキュリティ教育研究センター」設置 - 横断的研究と人材育成を推進
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック