Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる

2018年におけるワールドワイドの調査で18%の組織がクラウド関連のセキュリティインシデントを経験していたことがわかった。「設定ミス」を脅威と捉えるIT担当者も多い。

Check Point Software Technologiesが、サイバー攻撃の動向を取りまとめたもの。同社が運用する脅威情報ネットワークや過去1年間の調査活動、IT担当者や経営層を対象にしたアンケート結果などをもとに取りまとめた。

2018年は、調査対象における18%の組織において情報漏洩やデータ侵害、アカウントの乗っ取りなどをはじめとするクラウド関連のセキュリティインシデントを経験していたことがわかった。

62%のIT担当者がパブリッククラウドにおけるセキュリティ脅威として「クラウドプラットフォームの設定ミス」と考えていることも明らかになった。

(Security NEXT - 2019/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査