Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「FormCraft」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、フォームページの作成機能を提供する同プラグインに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2019-5920」が明らかになったもの。

ブラウザで管理画面にログインした状態で、細工されたページを表示すると、フォームの作成や削除、JavaScriptの挿入など、意図しない操作が行われるおそれがあるという。

同脆弱性は、東京電機大学の齋藤真幸氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「同1.2.2」以降で修正が行われている。

(Security NEXT - 2019/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
セキュリティアップデート「WordPress 5.4.1」がリリース
「WordPress」向けメディア管理プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「Contact Form 7 Datepicker」に脆弱性 - 更新予定なく削除を
認証プラットフォームの「WordPress」向けプラグインに5件の脆弱性
「WordPress」用決済プラグインに支払バイパスのおそれ
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性