Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「FormCraft」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、フォームページの作成機能を提供する同プラグインに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2019-5920」が明らかになったもの。

ブラウザで管理画面にログインした状態で、細工されたページを表示すると、フォームの作成や削除、JavaScriptの挿入など、意図しない操作が行われるおそれがあるという。

同脆弱性は、東京電機大学の齋藤真幸氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「同1.2.2」以降で修正が行われている。

(Security NEXT - 2019/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処した「WordPress 5.3.1」がリリース
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
WP向けプラグイン「Rich Reviews」に対するゼロデイ攻撃が発生中
複数脆弱性を解消した「WordPress 5.2.3」がリリース
eコマースやRSSなどWordPress向けプラグイン2種に脆弱性
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性