Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減

2018年第4四半期における脆弱性の届け出件数は93件だった。ソフトウェア製品、ウェブサイト関連いずれも前四半期を大きく下回っている。

情報処理推進機構(IPA)が、2018年第4四半期における脆弱性の届け出状況を取りまとめたもの。

同四半期に届け出があった脆弱性は93件で、前四半期の177件から84件減少した。ソフトウェアに関する脆弱性が57件で、前四半期の114件を下回った。一方ウェブサイト関連の脆弱性も36件と、前四半期の63件から大きく改善している。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4226件、ウェブサイト関連が9866件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める状況に変化はない。

同四半期における1日あたりの届け出件数は3.99件で、6期連続で減少。過去3年間ではじめて3件台となった。

20190125_ip_001.jpg
脆弱性届け出件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞