Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意

ウェブサーバで利用するTCP 80番ポートに対する攻撃パケットが、9月後半より観測されているとして、警察庁が注意を呼びかけた。

同庁の定点観測システムにおいて、9月と11月に悪意ある「SYNパケット」の増加を観測したことから注意喚起を行ったもの。

9月26日には米国の特定IPアドレスを発信元とするアクセスが6時間にわたり増加。IPアドレス1件あたり1分間に200件以上の接続要求が連続して行われていた。11月5日にも同一ネットワークにあると見られる複数IPアドレスから「SYNパケット」が大量に送信されていたという。

攻撃対象は「SYN/ACKパケット」を応答するセンサーに限定されており、事前にサービスが稼働し、応答するサーバの探索行為が行われていたと見られている。

こうしたパケットが、「SYN Flood攻撃」への対策が不十分なサーバに送信された場合、サービスが停止するおそれがある。

20181203_np_001.jpg
11月に観測されたパケットの増加(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2018/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件