Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社のサービスやバックボーンで1月に観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。攻撃件数が前月の1.3倍に増加している。

2023年10月以降、同社が観測するDDoS攻撃は、300件を下回る状況が続いており、1月は235件だった。前月の182件からは約1.3倍へと拡大している。

1日あたりに換算すると平均7.6件だが、攻撃件数は日によって差が見られる。1月2日、1月14日は1件のみだったのに対し、1月10日、18日、22日は平均の2倍を超える16件の攻撃が観測された。

もっとも規模が大きかった攻撃は「TCP SYN/ACKリフレクション攻撃」で、約533万ppsのパケットにより2.47Gbpsのトラフィックが発生。約70万ppsにより7.11Gbpsのトラフィックが発生した前月に比べると、パケット数は上回るものの、最大トラフィックは縮小している。

もっとも長時間継続したのは、「TCP SYN Flood」による攻撃としており、13分にわたり攻撃が継続した。最大で106.33Mbpsのトラフィックが発生したという。

20240229_ii_001.jpg
IIJが観測したDDoS攻撃の推移

(Security NEXT - 2024/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社