Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を

ウェブアプリケーションフレームワークである「Apache Struts」の開発チームは、「同2.3」系のサポートを今後6カ月で終了することを明らかにした。

20181120_as_001.jpg
Apache Strutsのウェブサイト

2018年11月14日付で「Apache Struts 2.3系」のサポートライフサイクルにおける「EOL(End Of Life)」をアナウンスしたもの。

サポートを終了するまでの今後6カ月間、脆弱性などセキュリティに影響を与える問題が明らかとなった場合については修正するが、終了後はパッチの提供など含む一切のサポートが提供されなくなる。

またサポート期間中も互換性の関係で対応できないケースが生じる可能性もあるという。

(Security NEXT - 2018/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
脆弱な「Struts 2」サイトの探索行為 - ロシアの攻撃グループが関与か
CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 悪用容易で攻撃ツールなど出回るおそれも