Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を

「Apache Struts 2」に関しては、ウェブアプリケーションフレームワークである性質上、外部へ公開していることも多く、脆弱性判明直後よりアップデートが未実施のサイトが狙われ、大規模な情報流出につながったケースもある。

「同2.3」系は、2011年12月に「同2.3.1」がリリース。約7年が経過しているが、2018年に入ってからも脆弱性が見つかっている。同脆弱性についても、2日後には攻撃が展開されていた

「同2.3」系のサポート終了以降に重大な脆弱性が明らかとなれば、同版を使い続けるサイトが標的とされる可能性は高い。

開発チームは、最新版となる「Apache Struts 2.5」系については引き続き積極的にサポートを進めていく方針を示すとともに、「同2.6」の準備を進めていることも明らかにし、最新版への移行を検討するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Struts 2」に脆弱性 - 悪用観測ある既知脆弱性の対処不十分で
「Apache Struts 2」RCE脆弱性に悪用報告 - 早急に対処を
「Apache Struts 2」にRCE脆弱性が判明 - アップデートがリリース
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「Apache Struts 2」にRCEなど2件の脆弱性 - 最新版へ更新を
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも