Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減

情報処理推進機構(IPA)は、2018年第3四半期のウイルスや不正プログラムの届出状況を取りまとめた。ウイルス、不正プログラムともに、検出件数が大幅に減少している。

同機構によれば、同四半期に届け出を受けたウイルスの検出件数は752件。前四半期の1945件から半数以下に減少した。もっとも多く検出されたのは「W32/Mydoom」で454件。「W32/Netsky(109件)」「W32/Autorun(69件)」が続く。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は188件。前四半期の310件を下回った。感染被害の報告は寄せられていない。

20181030_ip_005.jpg
ウイルスの届出や被害の件数推移(グラフ:IPA)

「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」のいずれも持たず、「ウイルス」の定義にあてはまらない「不正プログラム」の検出は5万7509件。前四半期の34万8289件から約6分の1の規模に縮小した。140万件を超えていた前年同期の約4.1%ほどの水準となる。

種類別に見ると、検出がもっとも多かったのは、1万5778件の「Downloader」で、全体の27.4%を占める。前四半期の14万331件から大きく減少した。「Dropper」なども5434件から387件へと減少している。

一方で1266件から2157件へと増加した「Packed」や、89件から2倍以上の260件に増加した「StartPage」など、一部マルウェアでは増加が見られた。

マルウェアの検出経路を見ると、メールの添付ファイルが5万4608件で、全体の93.7%を占める。2017年第3四半期から、メールの添付ファイル経由の検出が9割前後を占める状況が続いている。

20181030_ip_006.jpg
不正プログラムの検出件数(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多