Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大

同大では、ウェブメールにおける操作ログを取得しており、不正アクセス元のIPアドレスよりメールの受信ボックスを開く操作などは行われていなかったことから、同アカウント経由の情報流出については否定した。

また同大では4月にも類似したフィッシング攻撃を受け、アカウントの乗っ取り被害が発生している。

同大では予算の確保が難しく、費用をかけずに導入できる対策として、パスワードを用いた二段階認証の準備を進めてきたと説明。今回の問題を受け、導入予定時期を繰り上げ、9月より導入を開始するとしている。

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC