Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超

2013年10月から2018年5月にかけて、同センターや国際法執行機関で把握した報告件数は、ワールドワイドで7万8617件、125億3694万8299ドルにのぼる。

また同センターが報告を受けた被害に関して、被害者の地域が把握できたケースを見ると、4万3623件のうち4万1058件が米国に集中。米国以外は2565件だった。それぞれ29億3516万1457ドル、6億7191万5009ドルの金銭的な被害が生じた。

一方送金先は、調査を開始した2016年6月から2018年5月までに3万787件を把握しており、米国内の受取人が1万9335件、被害額は16億2997万5562ドルだったのに対し、受取人が米国外だったケースは1万1452件、16億9078万8278ドルだった。

20180717_ic_002.jpg
被害額と送金額の比較(発表内容をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2018/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
FTPアカウント奪う「TSPY_FAREIT」が活発 - ウェブ経由でJavaの脆弱性を悪用して感染