Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も

ラックは、同社の緊急対応サービスにおける2018年第1四半期の出動傾向について取りまとめた。「サーバの不正侵入」が半数以上を占めており、仮想通貨関連の被害が目立ったという。

同社では、サイバーセキュリティに関する緊急事態が発生した企業に対し、復旧などを支援するサイバー救急センターを展開しており、対応時における被害の傾向などを分析したもの。

同社によれば、1月から3月にかけて、公開サーバを対象とした不正侵入の被害が引き続き増加傾向にあり、全インシデントの55%が「サーバ不正侵入」だった。「マルウェア」が19%、「内部犯行」が12%で続く。

侵入後の被害としては、仮想通貨を発掘させる「コインマイナー」がインストールされたケースが多数あったほか、閲覧者のリソースを利用して仮想通貨を発掘させるスクリプトが埋め込まれたインシデントも見られたという。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
9月後半に多数のDDoS攻撃を観測 - IIJまとめ
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も