Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開

米国と北朝鮮における初の首脳会談。一時は中止となったものの調整が進められるなか、米政府は、北朝鮮が関与すると見られる攻撃グループ「HIDDEN COBRA」が悪用したあらたなマルウェアの情報を公開した。

米国土安全保障省(DHS)と米連邦捜査局(FBI)では、共同調査の結果としてこれまでも「BADCALL」「HARDRAIN」「FALLCHILL」「Volgmer」破壊型マルウェアの「SHARPKNOT」など、同グループが悪用したマルウェアについて公表してきたが、あらたにマルウェア「Joanap」「Brambul」に関するレポートを公開。関連するIPアドレスをはじめ、マルウェアの解析情報などを明らかにし、対策を呼びかけた。

FBIでは、北朝鮮の関与について強い自信を示しており、信頼できる関係筋の報告として少なくとも2009年以降、これらマルウェアが利用されている可能性が高いと指摘。

マルウェアのひとつは、バックドア型のトロイの木馬である「Joanap」。リモートのコマンド&コントロールサーバより攻撃者の命令を受信し、実行する「遠隔操作ツール(RAT)」として動作する。感染後は、ピアツーピアによる通信はもちろん、ボットネットの管理機能なども備えるという。

(Security NEXT - 2018/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃