Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを

米政府は、北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」が攻撃活動で利用したとされるマルウェア「Volgmer」「FALLCHILL」に関する脅威情報を公開した。感染端末が通信していると見られるIPアドレスの情報も提供し、自組織が感染被害に遭っていないか確認するよう呼びかけている。

米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、攻撃で利用された2種類のマルウェア「Volgmer」「FALLCHILL」について、分析データを公開したもの。

分析レポートや通信に利用されたIPアドレスなど、脅威インテリジェンス情報などが含まれ、「CSVファイル」や「STIX形式」で取得することが可能。

マルウェアの解析結果については、PDFファイルで入手できる。米政府では、これらマルウェアの感染チェックを呼びかけ、被害拡大を防止したい考えだ。

(Security NEXT - 2017/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も