Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」、国内で活動した形跡

北朝鮮の攻撃グループである「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃が、国内に対しても展開されていた可能性があることが明らかになった。

20171220_fn_002.jpg
フォーティネットにおいて、「FALLCHILL」を観測したのが唯一日本だったという(同社資料から)

フォーティネットジャパンが、同社において同グループが利用するマルウェアによる通信を一時観測していたことを明らかにしたもの。

具体的には、同グループが少なくとも2016年ごろより利用していると見られるリモートアクセスツール「FALLCHILL」の通信を観測したという。

同マルウェアは、米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、同じく同グループが利用するバックドア「Volgmer」とあわせて、11月中旬に詳細情報を公開、注意喚起を行っていた

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
スマホ狙う「Roaming Mantis」、新型コロナ便乗も
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定