Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」、国内で活動した形跡

北朝鮮の攻撃グループである「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃が、国内に対しても展開されていた可能性があることが明らかになった。

20171220_fn_002.jpg
フォーティネットにおいて、「FALLCHILL」を観測したのが唯一日本だったという(同社資料から)

フォーティネットジャパンが、同社において同グループが利用するマルウェアによる通信を一時観測していたことを明らかにしたもの。

具体的には、同グループが少なくとも2016年ごろより利用していると見られるリモートアクセスツール「FALLCHILL」の通信を観測したという。

同マルウェアは、米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、同じく同グループが利用するバックドア「Volgmer」とあわせて、11月中旬に詳細情報を公開、注意喚起を行っていた

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
「Elasticsearch」脆弱性狙う攻撃が増加傾向 - 仮想通貨発掘目当てか
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
北朝鮮攻撃グループ「Lazarus」の新ツールを発見 - 現在も攻撃に使用
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
ローソンにサイバー攻撃 - 公式サイトやアプリを一時停止
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘