Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」、国内で活動した形跡

北朝鮮の攻撃グループである「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃が、国内に対しても展開されていた可能性があることが明らかになった。

20171220_fn_002.jpg
フォーティネットにおいて、「FALLCHILL」を観測したのが唯一日本だったという(同社資料から)

フォーティネットジャパンが、同社において同グループが利用するマルウェアによる通信を一時観測していたことを明らかにしたもの。

具体的には、同グループが少なくとも2016年ごろより利用していると見られるリモートアクセスツール「FALLCHILL」の通信を観測したという。

同マルウェアは、米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、同じく同グループが利用するバックドア「Volgmer」とあわせて、11月中旬に詳細情報を公開、注意喚起を行っていた

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果