Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用

ロシアによるウクライナへの侵攻とあわせ、ウクライナ国内の組織を標的としたマルウェアが展開された。正規に販売されているディスク管理ソフトを悪用していたという。

2022年1月以降、ウクライナを標的としてデータを削除し、システムを破壊する複数のワイパー型マルウェアが確認されているが、2月24日の侵攻直前となる前日23日に「HermeticWiper」が複数のセキュリティ研究者によって確認されている。

同マルウェアは、実行形式ファイルで、キプロスに拠点をおくとされる「Hermetica Digital」が発行した証明書によりコード署名が行われていたことから、「HermeticWiper」と命名された。

「マスターブートレコード(MBR)」を破壊して起動を阻害するほか、「FAT」「NTFS」などファイルシステムを判断した上で破壊活動を展開。破壊以外の行為は確認されていない。

ウクライナ国内の組織を標的として展開されているが、同国以外にも被害が拡大するおそれがあるとして、米政府などが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性