Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用

ロシアによるウクライナへの侵攻とあわせ、ウクライナ国内の組織を標的としたマルウェアが展開された。正規に販売されているディスク管理ソフトを悪用していたという。

2022年1月以降、ウクライナを標的としてデータを削除し、システムを破壊する複数のワイパー型マルウェアが確認されているが、2月24日の侵攻直前となる前日23日に「HermeticWiper」が複数のセキュリティ研究者によって確認されている。

同マルウェアは、実行形式ファイルで、キプロスに拠点をおくとされる「Hermetica Digital」が発行した証明書によりコード署名が行われていたことから、「HermeticWiper」と命名された。

「マスターブートレコード(MBR)」を破壊して起動を阻害するほか、「FAT」「NTFS」などファイルシステムを判断した上で破壊活動を展開。破壊以外の行為は確認されていない。

ウクライナ国内の組織を標的として展開されているが、同国以外にも被害が拡大するおそれがあるとして、米政府などが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市