Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に

CMSを利用するウェブサイトが数千件規模で改ざんされ、ボットネットが構築されているとしてセキュリティベンダーでは警戒を強めている。偽サプリメント販売サイトのURLを隠ぺいするために悪用されていたという。

20180530_pp_001.jpg
誘導先の詐欺サイト。テレビで紹介されたかのように装い、信頼させようとしていたという’(画像:Proofpoint)

攻撃キャンペーンを追跡しているProofpointによると、大量に配信されているスパムメールから、ダイエットや脳の機能を強化などをうたう偽サプリメントの販売サイトへ誘導する際、URLを隠ぺいするための踏み台として悪用されていた。

攻撃者は、何らかの方法で正規サイトに悪意あるPHPのコードを挿入。短いメッセージを記載したスパムメールから、短縮URLを用いて踏み台として利用するこれら改ざんサイトへ誘導。最終的にあたかもテレビ番組で紹介された製品かのように装い、偽サプリメントを販売する詐欺サイトに誘導されるという。

同社ではこの悪意あるPHPコードを「Brain Food」と呼んでおり、1件のウェブサイトに複数のコードが埋め込まれるケースも存在。埋め込まれたコードには、シェルを実行するためのバックドアも用意されていた。

(Security NEXT - 2018/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ