Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校

コミュニケーションアートOCA大阪デザイン&IT専門学校は、セキュリティエンジニアを育成する4年制の専攻コースを設置すると発表した。

高度専門士を取得できる4年制の専攻コースに、セキュリティ技術を持つエンジニアを育成する「ホワイトハッカー専攻」を2019年4月より開設するもの。

同専攻コースでは、カリキュラムとしてセキュリティやネットワーク、ICTなどの基礎のほか、プログラミング、ITリテラシー、法令、コンプライアンスなどを学習。

企業からバグバウンティとしてセキュリティ調査の依頼を受け、学生が課題として実践的に学ぶ「産学連携教育」を行うほか、海外のセキュリティ関係企業に訪問し、特別講義などを受講する海外研修などを実施するという。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方セキュリティ人材の育成方策を取りまとめ - 総務省
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働