Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校

コミュニケーションアートOCA大阪デザイン&IT専門学校は、セキュリティエンジニアを育成する4年制の専攻コースを設置すると発表した。

高度専門士を取得できる4年制の専攻コースに、セキュリティ技術を持つエンジニアを育成する「ホワイトハッカー専攻」を2019年4月より開設するもの。

同専攻コースでは、カリキュラムとしてセキュリティやネットワーク、ICTなどの基礎のほか、プログラミング、ITリテラシー、法令、コンプライアンスなどを学習。

企業からバグバウンティとしてセキュリティ調査の依頼を受け、学生が課題として実践的に学ぶ「産学連携教育」を行うほか、海外のセキュリティ関係企業に訪問し、特別講義などを受講する海外研修などを実施するという。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始