Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売

レノボ・ジャパンは、ビジネス向けノートPCである「ThinkPad」シリーズに、テレワーク保険を付帯した「あんしんテレワークPC」の受注を開始した。

同製品は、東京海上日動火災保険が提供する「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険(テレワーク保険)」を同社の「ThinkPad」シリーズに付帯したモデル。

対象は「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」「ThinkPad X1 Tablet」「ThinkPad X280」「ThinkPad X380 Yoga」「ThinkPad T480s」の6モデル。自動的に補償が付帯されているため保険会社との契約などは不要。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測