Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク

ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、竹中工務店は、ビルの設備環境を対象としたペネトレーションテストを実施し、結果を明らかにした。

ビルの各種設備や機器の監視、制御を行うビルディングオートメーションシステムを対象に、疑似攻撃を仕掛けて侵入を試みるペネトレーションテストを実施したもの。

今回の実証実験で脆弱性を検出しており、制御ネットワーク上のサーバ経由で電力システム、空調システム、照明システムなどをダウンさせるといった被害を及ぼす可能性があると指摘している。

具体的には、社内情報系ネットワークから閉域網での運用を前提としたビル制御ネットワークへの侵入はできなかったが、時間をかけて攻撃を実施することで侵入される可能性があることが判明。

20180412_st_001.jpg
実証実験の結果(図:ソフトバンク・テクノロジー)

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
OTネットワークのリスク可視化サービス
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
「macOS Mojave 10.14.3」向けに補完的なアップデート