Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク

またビル制御ネットワークが攻撃を受けた場合、対象となるシステムが被害を受ける可能性があることがわかったという。

さらに省エネモニターなど攻撃を受けることを前提に設計されていない機器に、セキュリティ機能が不十分な部分があり、ビル制御機器への攻撃の踏み台にされる可能性があることも明らかとなった。

今回の結果をもとに、3社は共同で、ビル制御システム向けのセキュリティ対策ソリューションの開発を推進するとしている。

訂正のお知らせ:本記事初出時の記載について、誤解を招くおそれがある表現があり、一部追記しました。読者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Tomcat Native 1.2.24」が公開 - OpenSSL脆弱性に対応
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
OTネットワークのリスク可視化サービス