Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ

20180403_jc_001.jpg

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、クレジットカード情報を詐取され、悪用される被害が増加しているとして、あらためて注意を呼びかけた。

具体的な手口とは、「フィッシング攻撃」「不正ショッピングサイト」「マルウェア感染」などで、いずれもクレジットカード情報を詐取することを目的に展開されている。

フィッシングでは、国内で大量に流通しているフィッシングメールの事例として「Apple」および「Microsoft」を偽装した事例を紹介。

また商品を購入しても品物が送られず、代金やクレジットカード情報をだまし取られる悪質なショッピングサイトへ注意が必要と指摘。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら