Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ

20180403_jc_001.jpg

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、クレジットカード情報を詐取され、悪用される被害が増加しているとして、あらためて注意を呼びかけた。

具体的な手口とは、「フィッシング攻撃」「不正ショッピングサイト」「マルウェア感染」などで、いずれもクレジットカード情報を詐取することを目的に展開されている。

フィッシングでは、国内で大量に流通しているフィッシングメールの事例として「Apple」および「Microsoft」を偽装した事例を紹介。

また商品を購入しても品物が送られず、代金やクレジットカード情報をだまし取られる悪質なショッピングサイトへ注意が必要と指摘。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省
情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード
Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発