Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ

20180403_jc_001.jpg

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、クレジットカード情報を詐取され、悪用される被害が増加しているとして、あらためて注意を呼びかけた。

具体的な手口とは、「フィッシング攻撃」「不正ショッピングサイト」「マルウェア感染」などで、いずれもクレジットカード情報を詐取することを目的に展開されている。

フィッシングでは、国内で大量に流通しているフィッシングメールの事例として「Apple」および「Microsoft」を偽装した事例を紹介。

また商品を購入しても品物が送られず、代金やクレジットカード情報をだまし取られる悪質なショッピングサイトへ注意が必要と指摘。

(Security NEXT - 2018/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警のサイバー犯罪防止啓発で「モンハン」キャラが登場
2019年2Qのクレカ不正被害額68.5億円 - 番号盗用被害が微減
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
PayPay、不正行為対策で補償制度 - 利用者や加盟店の不安払拭目指す
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加