Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Officeのプロダクトキーで不審な動き」と不安を煽るフィッシング

マイクロソフトになりすまし、Office製品のプロダクトキーが不正に利用されたように思い込ませ、偽サイトへ誘導して情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認された。

20180322_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「Microsoftアカウントの不審なサインイン」という件名で送信されているという。

メールの本文では、Officeのプロダクトキーが不正にコピーされ、利用されているなどと説明。静岡が発信元になっているなどとして、無関係のIPアドレスをもっともらしく記載することで、あたかもサインインがあったかのように装っていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、アカウント情報を入力させるほか、遷移した画面で氏名、クレジットカード情報などの入力を求める。

プロダクトキーが不正利用されたことを口実に不安を煽る手口は、2017年1月ごろに確認され、以降もたびたび確認されている。今回の攻撃は、3月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意