Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上

インターネットの検索サイトより金銭や個人情報をだまし取る詐欺サイトへ誘導されるケースがあるとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では注意を呼びかけた。

インターネットで商品の検索を行った際、検索結果の上位に悪質なサイトが表示され、誘導先の詐欺サイトで金銭や個人情報をだまし取られる被害が発生していることから注意喚起を行ったもの。

詐欺サイトへの誘導には、正規サイトが踏み台として悪用されるケースも発生。同センターでは、詐欺サイトへ転送されるよう改ざんされた272件の正規サイトを確認しており、警察を通じてサイトの管理者に対して復旧や再発防止を求めるなど、注意喚起を展開している。

さらに同センターでは、詐欺サイトに関する振込先の口座名義人の情報を警察へ提供。20都道府県警察が43人を検挙、78件を送検した。くわえて愛知県警察と共同で開発したツールで発見したフィッシングサイトに関する1万9834件のURLを「Anti-Phishing Working Group(APWG)」に提供している。

またあらたにセーファーインターネット協会との連携も開始。同協会があらたに設置した「悪質ECサイトホットライン」に寄せられた情報を活用するなど、詐欺サイト対策を強化している。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
全銀協、大相撲巡業で振込詐欺に注意喚起 - 取組表で広告や懸賞幕も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円