Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に

2017年第4四半期におけるクレジットカードの不正使用被害額は、前四半期の4.2%増となる59億6000万円だった。増加傾向が続き、1年間を通じて見ると2016年から約1.7倍に拡大している。

20180402_ca_002.jpg
2017年第4四半期における不正使用被害額の割合

日本クレジット協会が、国際ブランドカードを発行している事業者を中心に、銀行系、信販、流通系のクレジットカード事業者や中小小売商団体など45社における不正使用被害の状況を取りまとめたもの。

同四半期におけるクレジットカードの不正利用被害額は59億6000万円。前四半期の57億2000万円から4.2%の増加となった。

内訳を見ると、番号の盗用被害が46億4000万円で、前四半期の43億9000万円から5.7%増加。被害全体に占める割合は77.9%だった。2017年に入り、4期連続で7割を超えており、6割台で推移した2016年から割合が上昇している。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年2Qのクレカ不正使用被害額、9.2%増の61.7億円
クレカ不正使用、被害額は前四半期比1.6倍超に - 番号盗用が7割
2016年のクレカ不正被害は140.9億円、前年比21億円増 - 番号盗用被害が6割
2016年3Qのクレジットカード不正被害は34.1億円 - 番号盗用が62.9%
2016年2Qのクレカ不正使用被害額は35.7億円 - 番号盗用被害が増加
2016年1Qのクレカ不正使用被害は37億円 - 約6割が番号盗用
2020年までにPCI DSSへ準拠、POSはICカード対応に
2014年2Qのクレカ番号盗用被害、15.1億円 - 国内6割